東芝EIコントロールシステム株式会社

環境活動

環境活動

環境方針

東芝EIコントロ-ルシステム株式会社は、各種監視・制御システム、配電盤、モ-タコント ロ-ルセンタ並びにLED表示システム等の製品をお客様のニ-ズに応えて提供し豊かな社会の実現に貢献するとともに、“かけがえのない地球環境を健全な状態で次世代に引き継いで行くことは、現存する人間の基本的責務である。”との認識に立って、豊かな価値の創造と地球との共生を図り、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。
環境保全への取組みをCSR(Corporate Social Responsibility)の一つとして位置づけ事業活動、製品・サービスに関わる環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止などに関する環境目標を設定して、地球環境保護のため、以下のマネジメント活動を推進します。

  1. 環境保全に関する法令、及び当社が同意した外部からの要求事項等を順守すると共に、当社の自主管理基準を定め、技術的・経済的に可能な範囲において、役員、全従業員及び関係者で環境保全活動を遂行します。
  2. 環境影響評価の結果に基づき、環境目標を設定し、定期的なPlan-Do-Check-Actionのマネジメントサイクルにより、環境保全システムの継続的な改善及び環境汚染の予防に努めます。
  3. 当社の事業活動、製品、サ-ビスに関する著しい環境側面のうち、環境負荷の低減に配慮した次のテ-マに重点的に取り組みます。
    • (1) 電力消費量の抑制を中心としたCO2排出量の削減
    • (2) 紙・プラスチック等の廃棄物削減と再資源化
    • (3) 使用材料の省資源化及び3R(Reduce,Reuse,Recycle)の推進
    • (4) プロセスの改善により環境リスクを低減させると共に規制物資を削減
    • (5) 省資源、省エネルギ-、有害化学物質の削減を指向した環境調和型商品の提供
    • (6) グリーン調達の推進による環境負荷の低減
  4. 環境保護のため、可能な限り、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護に取り組みます。
  5. 環境方針の周知及び教育・啓蒙活動を通じ、役員、全従業員及び関係者の環境保全に対する理解の徹底と意識の高揚に努めます。
  6. 取引先等に対し当社の環境保全に関する方針及び関係する内容を周知し、理解と協力を求めると共に、地域社会との協調・連帯を図ります。

この環境方針は、利害関係者からの要請に応じて社外にも開示します。

2016年11月17日(改訂)

東芝EIコントロールシステム(株)
代表取締役社長 菅野 幸夫

ISO14001

  • 当社は、地球環境保全、法規制の遵守、環境調和製品の提供を優先課題として積極的に取組みを行っております。
  • それらの活動の一環として国際規格である「ISO14001」の認証を1999年10月27日付で株式会社日本環境認証機構(JACO)から取得しました。
  • 環境方針達成のために、関係法令を遵守し環境アセスメントを行い、目的・目標を設定し、定期的にこれを見直し環境マネジメントシステム(EMS)活動を推進する事で、継続的な改善に努めています。

[イメージ] ISO14001登録証

[イメージ] ISO14001登録証 付属書

環境コミュニケーションの紹介

九州事業所

構外駐車場および駐車場までの道路の草刈と清掃

九州事業所では、毎年、従業員の駐車場として借用している駐車場及びその近隣の道路脇の草刈と清掃を実施しています。
道路は他社の従業員も使用しており、今後も地域活動の一環として、継続していく予定です。

実施概要
日時 2014年12月5日
参加人数 15名
その他 約10kgの廃棄物を回収
[イメージ] 構外駐車場および駐車場までの道路の草刈と清掃
構外駐車場および駐車場までの道路の草刈と清掃

四国事業所

森林保全活動「高縄の森 だんだんの会」

事業所の有志で結成している「高縄の森 だんだんの会」は、愛媛県の「森林づくりフィールド」に登録されている松山市高縄山系の一画で森林保全活動を実施しています。同会の会員は、事業所の従業員やOBなど総勢25名。月に一度、樹木の間引きや枝打ち、下草刈り、歩道の整備などを行っています。以下に5月度活動の際の写真を掲載します。春の森では、コガクウツギやタニウツギが花盛りでした。通常の森林整備の他、間伐材を利用したベンチ作りも行いました。

[イメージ] コガクウツギの花
コガクウツギの花
[イメージ] 間伐材で作ったベンチ
間伐材で作ったベンチ
[イメージ] 今回の参加メンバー
今回の参加メンバー

生物多様性の保全への取り組み

九州事業所

当社は、東芝グループの一員として、地球環境の保全や生物多様性の保全に取組んでいます。
九州事業所では、アオスジアゲハ(蝶)を9匹呼びこむことができました。今後も、アオスジアゲハ(蝶)を呼び込むことを目標としています。(観測開始)

[イメージ] アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
[イメージ] 観測開始
観測開始

四国事業所

周辺緑地との連続性を考慮し、構内にクスノキを植樹しました。夏には、幼虫がクスノキを食草とするアオスジアゲハの成虫を多数確認、 9月には幼虫3匹を確認、10月にはサナギ1匹を探しだすことができました。夏の間は、ユズの木でナミアゲハの幼虫を多数観測できました。

[イメージ] アオスジアゲハの幼虫
アオスジアゲハの幼虫
[イメージ] アオスジアゲハのサナギ
アオスジアゲハのサナギ
[イメージ] ナミアゲハの若齢幼虫(上部黒色)/ナミアゲハの終齢幼虫(下部緑色)
ナミアゲハの若齢幼虫(上部黒色)
ナミアゲハの終齢幼虫(下部緑色)

PDFファイルの表示・印刷には、Adobe Acrobat Readerが必要です。

「別ウインドウアイコン」のついたリンクは別ウインドウで開きます。

このページの先頭へ

ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。